熊本城天守閣からの景色

 

熊本城天守閣からの眺めを紹介します!
 
天守閣入り口は、右手の小天守の方にあります。
出口は左の大天守の方です。
 
 


ここが熊本城天守閣の入り口。
 
右上の石垣上には、忍返(しのびがえし)という石垣を登って来る敵の進入を防ぐ、鉄串が設置されています。
 
 


ここは天守閣入り口の橋下の部分です。
 
本来は、この階段を上って天守閣(小天守)に入ったようですが、今は階段は使えないようになってます。
 
 


天守閣入り口の階段の下の方は、こんな感じになってます。
 
そしてこの階段の下はどこにつながっているかと言うと、下の写真の、天守閣前にある建物(トイレ)手前の急坂につながってます。
 
 


大天守の入り口は、本丸御殿から建物が連結されて、本丸御殿の中を通って天守閣へ入ってたみたいです。
 
では早速天守閣の中に入ってみましょう!
 
 


中に入ると、銅像と一口城主の名札が掛けられています。
 
 


右手には井戸が。
覗くとかなりの深さがあって吸い込まれそうです・・
 
 


階段を上って中に入りましょう。
 
天守閣は昭和30年に鉄筋コンクリート製で再建された建物で、1階と2階にはエアコンも設置されてます。
 
天守閣内には、様々な展示物や一口城主の名札が掛けられてます
 
 


そしてこちらが天守閣最上階です!
 
 


こちらは天守閣最上階からみた小天守になります。
以前は小天守へは入れませんでしたけど、今は小天守へも入ることが出来ます。
 
 


西側(長崎県側)の景色です。(写真はクリックで拡大します)
 
中央よりちょっと右下に「宇土櫓」、宇土櫓と後方の山の間に広がってるのは「二の丸広場」、そして中央よりちょっと左側に塀で囲まれてる四角いスペースは「奉行丸」です。
 
西側は前方に山が、そして山の手前に市街地が広がり、都市と自然が調和したキレイな街並みが望めます。
 
 


「奉行丸」部分のアップです。写真は熊本城築城400年祭のイベントが行われてる時のものです。
 
中央よりちょっと左上にある建物は、復元された未申櫓(ひつじさるやぐら)です。右下の木陰にちょっと写ってるのは南大手門です。
 
 


天守閣下部分のアップ写真です。
 
右にある建物が宇土櫓、真ん中よりちょっと左にあるのは頬当御門、左上には二の丸駐車場があり、その右手に広がるのは二の丸広場(公園)です。
 
 


こちらは北〜東〜南方面の景色です。(写真はクリックで拡大)
 
遥か彼方まで見渡せますが、こちらはけっこうビルが立ち並んでいて、あまりキレイな街並みとはいえないかな〜・・
 
夜間開園時は夜景が見れますが、夜景になるとかなりキレイです!
 
写真の中央付近の前方は阿蘇山で、双眼鏡でみれば熊本空港も見ることが出来ます。(天守閣には望遠鏡などの設備はないです。)
 
 


天守閣下のアップ写真です。右は復元中の本丸御殿大広間です。
外観はほぼ出来がってるみたいですね。
 
広場の前方にももう1つ復元中の建物があるのですが、これは何なのかちょっと良く分からないです。櫓みたいなんですけど。
 
 


熊本市中心部方向のアップです。
路面電車や車、人の流れも見れます。
 
画質が悪いですが、天守閣からの景色を動画に撮って見ました!
 
          ↓      ↓      ↓
 
 
 
 

Copyright (C) 2007-2012 熊本城観光体験記. All Rights Reserved.