熊本城 不開門から天守閣までのルート

熊本城の不開門(あかずのもん)から天守閣までのルートを紹介します!
 
不開門の位置を記入した地図はこちらのページにアップしてます。
(別ウインドウで開きます)
 
 


不開門は熊本城の北東に位置する門です。
 
不開門の手前に料金所があるので、まずは料金所で入園料を払って入りましょう。
 
 


不開門は熊本城の北東に位置する門です。
 
不開門の手前に料金所があるので、まずは料金所で入園料を払って入りましょう。
 
 


料金所から階段を上って進むと、不開門に着きます。
 
この不開門は熊本城築城当時から残っている門で、国の重要文化財にも指定されています。
 
この不開門がある北東は鬼門とされ、陰陽道では塞いでも開け放してもダメで、門は作っても普段は閉めっぱなしだったようです。
 
そのため、不開門と呼ばれています。
 
この不開門から熊本城に入る人はあまりいないので、この辺はけっこうひっそりした感じです。
 
 


不開門をくぐって直ぐ右手の道は柵があって先に進めません。
この先は天守閣(小天守)の下辺りに続いています。
 
 
 


不開門から城内に入ったところ。
 
このちょっと先を右に曲がると、本丸御殿地下通路を通って天守閣にいけます。今回は、まっすぐ進んで見ます。
 
右折した際のルートは、須戸口門〜天守閣のルートの後半を参照くださいませ!
 
 


左手に重要指定文化財の源之進櫓、四間櫓、十四間櫓、七間櫓、田子櫓が見えてきます。
 
 
 


先に進むと、右手には復元された本丸御殿大広間が見えてきます。
 
 


そして、左前方に飯田丸五階櫓が見えます。
 
 


この辺りは櫓や塀の跡が多く、石垣の上に登ってみることも出来ます。写真の四角い石垣跡は、竹の丸五階櫓跡です。
 
この辺りは石垣をまたぐ様に、櫓などの建物が立てられていたようです。
 
石垣は表面部分だけを覆っているようですね。
ここの竹の丸五階櫓も、いずれ復元する予定みたいです。
 
 


そしてさらに進んでいくと・・
 
前方には二様の石垣、天守閣が見えてます!
 
 


二様の石垣は、加藤清正時代の高配の緩やかな石垣(右側)と、細川時代の高配の急な石垣(左側)を一度に見ることが出来ます。
 
実際見てみるとかなりの迫力です。
 
 


本丸御殿大広間の下側を通るように進んでいきます。
 
 


さらに進むと・・。
 
 


天守閣が見えてきます!
 
ここから先のルートは、頬当御門〜天守閣のルートの後半と同じです。
 
 

Copyright (C) 2007-2012 熊本城観光体験記. All Rights Reserved.