熊本城 櫨方門から天守閣までのルート

熊本城の櫨方門(はぜかたもん)から天守閣までのルートを紹介します!
 
櫨方門の位置を記入した地図はこちらのページにアップしてます。(別ウインドウで開きます)
 


櫨方門へと向かう入り口部分です。
 
櫨方門は熊本城南西にある門で、熊本市街地から熊本城に入る時や、隣にある桜の馬場駐車場に車を止めた時に便利な門です。
 
そして、上の写真の奥の方へ真っ直ぐ進んでいくと・・
 
 

手前に飯田丸五階櫓、奥に天守閣が見えてきます。
ここは石垣も高くキレイで、なかなか迫力があります。
 
石垣の前には水堀(備前掘り)もあり、水面に反射した石垣や建物もキレイです
 
 


こちらが櫨方門になります。料金所も兼ねてます。
 
 


そして左手には、石垣の上にそびえる飯田丸五階櫓を望めます!
ここは石垣もかなりの高さがあり迫力あります。
 
石垣は2段になってるのですが、下の1段目の石垣には「要人櫓」が建っていたようです。
 
 


門をくぐるとこんな感じ。
このまま直進していけば、須戸口門に突き当たります。
 
 


少し歩くと、石垣群の向こうに熊本城天守閣を見ることが出来きます。ここから天守閣の方に向かって歩いて行きましょう!
 
 


天守閣へと続く石垣郡の入り口付近。前方の建物は飯田丸五階櫓
 
 


石垣に囲まれた、曲がりくねった階段を上っていきます。
 
 


階段を上ればまた石垣、そして階段・・・という、お城好きにはたまらない箇所です。
 
この辺は五階櫓跡で、本来は石垣の上をまたぐように櫓が建てられていたようです。櫓も復元計画があるので、いづれ復元されるかも。
 
 


この辺りは石垣上に登ってみることも出来ます。前方に見える建物は復元された飯田丸五階櫓。
 
 


そして熊本城の階段全般的に言えることですが、敵の侵入を少しでも防ぐ為に、階段の高さや奥行きがスムーズに歩きにくい寸法で作られてます。
 
さらに1段1段の高さ、奥行きも微妙に変えられて作られてるので、けっこう上りにくいです。
 
隣に歩きやすいキレイな階段が整備されてるので、歩きにくい時はこっちを歩くといいと思います。
 
 


階段を上ってしばらく進むと、二様の石垣が見えてきます!
 
二様の石垣は、加藤清正時代の高配の緩やかな石垣(右側)と、細川時代の高配の急な石垣(左側)が一度に見れます。
 
 


更に進むと、天守閣が見えてきます。
 
階段を上って、右側に進めば本丸御殿地下通路を通って、天守閣へと進めます。
 
ここから先のルートは、頬当御門〜天守閣のルートと同じです。
 
 

Copyright (C) 2007-2012 熊本城観光体験記. All Rights Reserved.